最新ニュース・イベント

ニュース 株式会社キノファーマに投資いたしました。

共同研究助成プログラム EVOLVE

Evolve(エボルブ)は、ペット保険を中核事業とするアニコムグループの投資育成部門であるアニコムキャピタル株式会社が提供する、獣医療の発展およびペット関連市場の拡大に資する研究や事業開発に対する助成を行うプログラムです。アニコムグループとの共同研究または事業開発に適したテーマに対して、年間最高500万円(3カ年まで継続可能)を助成いたします。
随時募集を受付けていますので、奮ってご応募ください。

投資事業概要

  • INTENTION ベンチャーキャピタル事業の目的
  • ECOSYSTEM 事業の成長を育むアニコムグループのエコシステム
  • STRENGTH 投資分野とアニコムグループの強み
  • INCUBATION 成長ステージに応じた適切なインキュベーション

INTENTION

ベンチャーキャピタル事業の目的

1ペット関連市場の活性化・成長を牽引する

少子高齢化が進行する我が国において、「ペットとの暮らし」は、特にシニア層の健康増進に寄与するとともに、 多くの家族の生きがいともなっております。しかしながら、ペットとの暮らしには不便や負担もあることから、 ペットの飼育頭数はここ数年は停滞傾向にあります。こうした状況において、ユニークな発想と技術を持つベンチャー企業が、 ペットと暮らす際の経済的・時間的負担を削減する新商品や、利便性の高いITサービス等を提供することによって、 ペットを新たに飼育する家庭の増加やペット関連市場の活性・拡大につながるものと考えています。ペット保険事業おいても、 ペット飼育頭数の増加、ペット関連市場の活性化は持続的な成長を支える経営基盤となることから、ペット関連市場の拡大を牽引する 有望なベンチャー企業の発掘・投資・育成に取り組みます。

2動物医療の発展に寄与する

新たな動物医療技術の開発・定着化、再生医療の普及、新薬の開発、診療プロセスの標準化など、 ベンチャー企業が実現する可能性を有する動物医療分野におけるイノベーションは、当社グループの中核事業である ペット保険事業が認識する動物医療臨床現場における課題、例えば「治癒する見込みが無いままでの長期的な診療」 「科学的根拠の乏しい診療の継続」「実験的要素を含む高額診療」等の是正・改善に直結するものです。 さらに、動物医療技術の進化は動物にとどまることなく、ヒトの医療へ貢献するものであります。 医療、バイオ、創薬系ベンチャー企業への投資・育成をつうじて、ヒトにつながるイノベーションを支えます。

3アニコムグループの持続的成長を支える孵化器となる 

ベンチャーキャピタル事業として、新規性の高い事業シーズや有望なベンチャー企業の発掘、 デューデリジェンス、投資・育成等の一連の業務を継続することは、当社グループの事業と親和性の高い 新たな事業シーズや研究テーマと有能な起業家人財が集まり、新規事業やイノベーションが持続的に生まれる「場」の 創造へとつながります。有望な新規事業の創出こそ、当社グループの持続的な成長を具現化するものであることから、 ベンチャーキャピタル事業が当社グループにおける「事業の孵化器(インキュベーター)」となることを目指しております。

ECOSYSTEM

事業の成長を育むアニコムグループのエコシステム

アニコムグループが各種事業を通じて構築するパートナーとの信頼ネットワークは、多彩な企業が集まる豊かな多様性で成り立ち、 相互に作用し、ヒト・モノ・情報等が循環するエコシステムを形成しています。このアニコム・エコシステムは孵化器となって、 ベンチャー企業の成長を育みます。

動物医療分野、ペット関連市場での圧倒的ネットワーク

STRENGTH

投資分野とアニコムグループの強み

投資分野は、アニコムグループ各種事業とのシナジーを発揮する「ペット関連分野」 「動物医療分野(医療・バイオ等)」を中核分野としておりますが、保険事業の立上げをつうじて培った金融ビジネスの ノウハウを活用できる金融分野(FinTech)への投資も想定しております。

投資分野とアニコムグループの強み

INCUBATION

成長ステージに応じた適切なインキュベーション

アニコムグループは2000年に創業し、約65億円の資金調達、保険業免許の取得を経て、2010年に東証マザーズへ上場、 2014年には東証一部指定となりました。組織に蓄積された豊富な経営ノウハウをベースにした「成長ステージに応じた適切な インキュベーション」を提供することで、投資先企業の正しい事業拡大を支援します。

成長ステージにおける適切なインキュベーション

投資実績

これまでの投資実績は以下のとおりです。
創業から間もないため少数ですが、組織体制も整いつつあり、これから投資スピードを加速させてまいります。

株式会社キノファーマ

株式会社キノファーマ
「キナーゼ(リン酸化酵素)」 をキーワードに、ウイルス疾患・中枢神経系疾患・悪性腫瘍など 幅広い疾患領域に対して、医薬品の開発・提供を目指すバイオベンチャー企業です。

組織概要・チーム

組織図
商号
アニコム キャピタル株式会社
資本金
1億円(資本準備金含む)
株主
アニコム ホールディングス株式会社 100%
業務の内容
  • ベンチャー企業に投資するファンドの組成、運用、管理
  • ベンチャー企業に対する投資、融資及びその仲介、斡旋
  • ベンチャー企業に対する経営指導、支援
  • 事業創出に係る教育事業
役員構成
代表取締役:宮野堪介
取締役:小川篤志(獣医師)
取締役:友保昌拓(医学博士)
監査役:岩本康一郎(弁護士)
所在地
〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-17-1 住友不動産新宿グランドタワー39階 MAP
設立日
2015年7月7日
決算公告
平成27年度 決算公告(PDF)

MEMBER

チームメンバーのご紹介

代表取締役 木村 幸夫(公認会計士)

代表取締役 宮野 堪介

1977年生まれ。
2000年 株式会社ビーエスピー(現アニコム ホールディングス株式会社)に第一号の新入社員として入社。ベンチャーとしてスタートしたアニコムグループの創業期を支える。 営業、業務部などを経た後、2013年からは財務部に所属。
2016年4月アニコム損害保険株式会社 財務部担当執行役員に就任(現任)。
2016年10月、アニコム キャピタル株式会社 代表取締役就任。

取締役 小川 篤志(獣医師)

取締役 小川 篤志(獣医師)

1984年生まれ、東京都出身。日本獣医生命科学大学卒業後、動物救急医療を中心に小動物臨床に5年間従事。 2013年よりアニコム ホールディングス株式会社およびアニコム損害保険株式会社にて勤務。同社では、新規事業企画、マーケティング等に従事。

noimage

取締役 友保 昌拓(医学博士)

雪印乳業株式会社(現雪印メグミルク株式会社)にてバイオ医薬品の研究に従事し、抗RANKL抗体デノスマブ(denosumab)の基本特許を発明。
その後中外製薬株式会社を経て、2005年より株式会社UFJキャピタル(現三菱UFJキャピタル株式会社)にてライフサイエンス分野を中心に投資育成業務に従事。
2015年9月からアニコム キャピタルのフェローに就任。
2016年9月、取締役就任。  

ニュース・イベント

ページの先頭へ戻る